« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »

2013年3月17日 - 2013年3月23日

2013年3月22日 (金)

三月も下旬になると

 三月も下旬になると、あれほど寒さ厳しく降った雪も、今は道路上から姿を消
している。

 大森山が標高123mだそうだから、我が家は60mくらいだろうか。平地と比べ
てそんなわずかな違いしかないけれども、それでも気温の差はあるのかもしれな
い。あちこちに雪捨て場にしていた場所には、表面がゴミや埃で黒ずんだ雪がま
だ残っている。

 家の付近には、この冬三度除雪車がきて、付近の道路上に積もった雪を隣地
の畑に山と積んで去っていった。

 隣地は、人の話によるとこの付近の人の親戚で横浜にいる人が所有している
という。春から秋にかけて、その親戚の人が野菜を作っている。そこにこの雪の
山がかなり残っている。除雪車の雪だけではなく、私らはスノーダンプで雪を捨
てたりもして来た。

 近所の雪捨て場にさせてもらっている畑に山となって残る雪を自然に融けるに
任せていては、あの人たちが畑作業のできる日はまだ遠い日のことになるだろう。

 ということで、朝の陽が道路面を温めてくるころ合いに、近所の主婦数人が、別
に連絡しあうということもなく、いわば各自勝手に出てきて、今は道路から畑の方
に盛り上がったあたりに積み残った雪を道路上に撒いたりしている。融雪を進め
るためだ。

 去年と比べようもないほどの量だ。私は雪の山を少しでも減らそうと、固くなった
雪をツルハシで砕き、そこにスコップを突き刺して道路に放り投げて撒く業だ。少
しでも土の顔が見えてくればそこから融雪が広がるのだがまだまだだ。今日で5
回目になるが、まだ目途がつきそうもない。しかし、ゆっくりやろう。これで腰を痛
めたりしたら何もならない。

 それにしても私の腰は丈夫になったような気がする。昨年12月から腰痛予防ス
トレッチをやり、最近、体幹トレーニングをやったりしているうちに、今までならぎっ
くり腰を何度もやっているのでガラスの腰とまで思っていたが、意外に持ちこたえ
ている。これなら多少の山なら登れるのではないか。

« 2013年3月10日 - 2013年3月16日 | トップページ | 2013年3月31日 - 2013年4月6日 »