« 2014年6月1日 - 2014年6月7日 | トップページ | 2014年6月22日 - 2014年6月28日 »

2014年6月8日 - 2014年6月14日

2014年6月12日 (木)

草ぬき

 市民菜園での野菜作りも、今年で四年目になる。近くの菜園は全部で八十
区画ある。抽選で当たるかは運次第だが、今年は入口から最奥部、図ってみ
ると広さ四坪で、去年より一坪狭かった。ま、いいか。運悪くはずれの人もい
るかもしれない、それに比べれば、何しろ抽選だから・・・。

 いつもより遅くなったが五月の連休明けに土起し、元肥をやり、エダマメとオ
クラの種をまいた。以後、水やりの毎日だった。エダマメには不織布を被せた
が、発芽の時期がまちまちだったり、その後の芽の状態に危うさ(変色、穴あ
きなど)があったりした。原因は何だろう。種にかぶせた土の厚さだろうか。水
やりの不足だったろうか。

 もう水をやっても勢いが戻ることはないと思った芽もあったので、それは取り
除き、新たに種を直播した。一方、試しにと、ペットボトルの下半分切り取って、
そこに土を入れて種をまき、家に置いたもの二株、こちらの方は健全に育った
(これは我ながら嬉しかった)ので、菜園に移した。このまま成長してくれそうだ。

 本当にこのあたり、目の前のエダマメが人の子だったら、などと考えさせられ
るようないきさつも展開してくれる。

 オクラの方はエダマメより成長の遅い野菜かもしれない。昨年もオクラを作っ
たが、成長具合はどうだったか、もうすっかり忘れている。ちいさな葉が赤ん坊
の耳のようにも見えてくる。

 私が畑にいると、顔見知りの男がやってきていろいろ話してくれる。自分は
ほとんどサトイモしか作らない。毎年、サトイモがどの区画に植えられているか、
チェックしている。当たった区画に、三、四年のうち一回でもサトイモが植えら
れていたら、連作障害が起きるからほかの野菜を作らねばならない。今年の
区画はその心配がないからサトイモにした。連作障害のある野菜はほかにも
あるから、来年もこの菜園で野菜を作る気ならチェックしておいた方がいいよ、
と助言してくれた。ほかにも、いろいろ教えてくれるのでためになる。

 6月6日入梅。雨はなく以前と同じく、水やりの毎日が続いた。そして今日、
久しぶりの雨らしい雨が降った。私の区画一帯は水はけが悪いと聞いていた
ので様子を見に行ったが、未明からのわずかな雨量だったから、べつに異常
はなかった。

 それにしても、畝の上にびっしり生えている雑草には呆れてしまう。一見、こ
こに野菜があるとは信じがたいほどに、一面に広がっている。エダマメは10
センチくらいにも伸びているからまだわかるが、オクラは5センチにも達してい
ないものもあり、雑草のなかに埋もれていて見分けがつかないほどだ。

 夕方改めて菜園にきた。雑草を抜くためだ。傘を差し、しゃがんで一本一本、
草を抜く。広い菜園の中に人影は見えない。雨が降って、水やりしなくてもよく
なったので、他所で何か別のことをしているのだろう。雨で湿った土からスギ
ナの長い根がずるっと出てくる。小さな草は頭を指でつまむと、そこだけしか
抜けないものが多い。誤ってオクラを抜いてしまわないように、赤ん坊の耳の
ような幼葉を傷めないように。まだまだ全体の八割ほどが残っている。

« 2014年6月1日 - 2014年6月7日 | トップページ | 2014年6月22日 - 2014年6月28日 »