« 松川温泉から八幡平へ(1) | トップページ | 滝ノ上温泉口から乳頭山へ(1) »

2015年9月21日 (月)

松川温泉から八幡平へ(2)

P1040423


P1040428


別れてからの路は鞍部からの登り返しで、やがて小畚岳から見え
たようなジグザグの路になる。まだ、昼食のときでないが、体が休
みたがっている。前方に女性二人の姿が見える。間もなく八瀬森
から乳頭温泉へ至る縦走コースへの分岐の標柱が立っていた。
そこから2,3メートルくらい刈り払いされていたが、その先は両側
から草が覆いかぶさっている。
P1040427

(↑この分岐から先が、乳頭温泉への縦走コース)

 この路を縦走する人は年に何人いるのだろう。私なら、JR田沢湖
駅前に車を置き、JR盛岡に出て、バスで松川温泉に来て一泊。翌
朝から今日のコースを登って、この分岐から縦走コースに入り、草
を分け入り、秋田・岩手の東西に延びる県境沿いに歩いて、八瀬森
から大白森山荘に着いて二泊目。三日目は乳頭温泉に下る。あと
はバスで田沢湖駅前に戻る。そんな行程だろうか。ただ、「草を分け
入り」といっても、問題は縦走路が明瞭かどうかにかかっている。ど
うする。

 そんな夢想にふけるうちに大深岳に着いた。さっき姿の見えた二
人の女性がここでお昼を広げそうなので、私はもう少し先へ行って
みることにした。ただ、ベンチがあって周囲が開けて、といった好適
地はなく、大深岳山荘分岐のところでお昼とした。

 源太ケ岳からは下りになる。岩ころの路だ。しばらく下ると、トレイル
ランの格好をした若者たちが息を切らして登ってきた。最近流行りだ
ものなあ。黄葉のはじまったブナ林の中を下ってゆくと川に出合う。
丸森川だ。昔の木橋は朽ちたまま残っていて、かわりに建築足場に
使うステンレスの板が二連つながれていた。

P1040434


 今日は疲れた、早く車に戻りたい、そんな弱音が胸にわだかまるう
ちに、見覚えのある地熱利用施設のフェンスが見えてきた。駐車場
に着いたのが14時30分。出発から6時間10分の山旅だった。それ
にしても、登山地図のコースタイムはかなりゆっくりめでないか。途中
遭遇した彼もコースは逆だったが、同じようなことを言っていた。

« 松川温泉から八幡平へ(1) | トップページ | 滝ノ上温泉口から乳頭山へ(1) »

「山」カテゴリの記事

コメント

いい山行のようで羨ましい!。
といってもこちらはそんな勇気はないが・・・。

もうすっかり「秋」ということにも驚き。
家と会社との往復では仕方なしだなあ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637661/61778682

この記事へのトラックバック一覧です: 松川温泉から八幡平へ(2):

« 松川温泉から八幡平へ(1) | トップページ | 滝ノ上温泉口から乳頭山へ(1) »