« 秋盛りの山路 | トップページ | 旅に関する三冊(1) »

2015年10月22日 (木)

黄葉の白神岳

 
 朝5時に秋田市を出発、途中、コンビニで買った朝食を八峰町峰
浜の道の駅駐車場で摂り、8時に登山口下の駐車場に到着。青森
ナンバーと八戸ナンバーの車2台が先着していた。八戸ナンバー
の車から男女四人が身支度を終え、出発した。私と甥も遅れて出
発。登山口にある小屋で、8時半、甥が登山届を書いている。

 二股分岐で先に発った四人連れに追いつき、そのまま先行し、出
発してから1時間で、最後の水場に着く。色づいた山から水が流れ
ている(青のビニルホースの先から)。重い真鍮製の柄杓で喉に流
し込む。
P1040535


 そこからさらに30分でマテ山分岐。5年前甥と姪を連れてきた
ときは、甥が体調不十分で途中から引き返したのだった。どのポ
イントで引き返したのだったか。甥は、あと40分くらいで山頂だ、
と私が言ったのだそうだ。しかし、どうも違う気がする。もっと手前
で戻ったようだ。オレも結構いい加減だなあと思うが、無事に戻っ
たことだし、昔のことと立ち止まることなく先へ進む。
 樹林帯を抜けて振り返ると、空、海、漁港、手前に微妙な色合
いの山。

P1040544

11時40分、十二湖コースに至る大峰分岐を通過。山頂には正
午前に到着。360度の展望。岩木山は頂を雲が隠している。広
く奥深い白神山地、南には微かに見える能代港、男鹿半島。4
人連れが到着。請われて記念スナップのシャッターを押す。

P1040558

P1040559

P1040569


P1040570

P1040579

P1040580


 12時半に山頂発。
 甥に先に行かせる。快調な足取り。明るい茶や黄の明るく混
ざった微妙な色合いの森に潜り込むように下っていく。デジカメ
の操作を教えたり教えられたり。山の黄葉、海から来る光、柔
らかな路、それら秋の山路を楽しんだ山歩きだった。

 3時半に下山終了。駐車場に戻ってきた4人連れは関西の人
たちだった。昨日青森空港に着き、昨晩は一泊(深浦にだろうか)
して、今日は白神岳に登り、明日は藤里駒ケ岳に登りに行くの
だそうだ。私等よりペースは遅かったが、意外に百名山の大半
は登った人たちかもしれない。それにしても贅沢な旅だなあ。

« 秋盛りの山路 | トップページ | 旅に関する三冊(1) »

「山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637661/62265984

この記事へのトラックバック一覧です: 黄葉の白神岳:

« 秋盛りの山路 | トップページ | 旅に関する三冊(1) »