« 2015年8月16日 - 2015年8月22日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »

2015年9月20日 - 2015年9月26日

2015年9月21日 (月)

松川温泉から八幡平へ(2)

P1040423


P1040428


別れてからの路は鞍部からの登り返しで、やがて小畚岳から見え
たようなジグザグの路になる。まだ、昼食のときでないが、体が休
みたがっている。前方に女性二人の姿が見える。間もなく八瀬森
から乳頭温泉へ至る縦走コースへの分岐の標柱が立っていた。
そこから2,3メートルくらい刈り払いされていたが、その先は両側
から草が覆いかぶさっている。
P1040427

(↑この分岐から先が、乳頭温泉への縦走コース)

 この路を縦走する人は年に何人いるのだろう。私なら、JR田沢湖
駅前に車を置き、JR盛岡に出て、バスで松川温泉に来て一泊。翌
朝から今日のコースを登って、この分岐から縦走コースに入り、草
を分け入り、秋田・岩手の東西に延びる県境沿いに歩いて、八瀬森
から大白森山荘に着いて二泊目。三日目は乳頭温泉に下る。あと
はバスで田沢湖駅前に戻る。そんな行程だろうか。ただ、「草を分け
入り」といっても、問題は縦走路が明瞭かどうかにかかっている。ど
うする。

 そんな夢想にふけるうちに大深岳に着いた。さっき姿の見えた二
人の女性がここでお昼を広げそうなので、私はもう少し先へ行って
みることにした。ただ、ベンチがあって周囲が開けて、といった好適
地はなく、大深岳山荘分岐のところでお昼とした。

 源太ケ岳からは下りになる。岩ころの路だ。しばらく下ると、トレイル
ランの格好をした若者たちが息を切らして登ってきた。最近流行りだ
ものなあ。黄葉のはじまったブナ林の中を下ってゆくと川に出合う。
丸森川だ。昔の木橋は朽ちたまま残っていて、かわりに建築足場に
使うステンレスの板が二連つながれていた。

P1040434


 今日は疲れた、早く車に戻りたい、そんな弱音が胸にわだかまるう
ちに、見覚えのある地熱利用施設のフェンスが見えてきた。駐車場
に着いたのが14時30分。出発から6時間10分の山旅だった。それ
にしても、登山地図のコースタイムはかなりゆっくりめでないか。途中
遭遇した彼もコースは逆だったが、同じようなことを言っていた。

松川温泉から八幡平へ(1)

 まだ真っ暗な早朝4時半に自宅を出て、松川温泉前に着いたの
は8時ころ。連休中の快晴とあってか、第一駐車場は満車だった
し、下の広場の第二の駐車場にも車がカラカラと並んでいた。登
山者の多さを物語っている。歩き始めてみれば、ああこんな感ジ、
去年も同じシーズンにここに来ていた。

 このコースは気持ちがいい。はじめの階段二か所を過ぎれば
急坂といえるほどのところはない。道幅は広めで、歩きやすい。
朝は、東の岩手山方向からの日が、路やダケカンバの白い幹、
笹の林を明るく照らしている。

P1040399

 路はやがて湿地状になる。岩が多くなるが、大雨のときには岩
の間を流れが下ってゆくのだろう。

 三ツ石避難小屋で、汗を吸った長袖の下に半袖を着こむ。ここ
から三ツ石山までの登りは岩と岩の間が泥になっていて、上から
下りてくる人たちが足を置くポイントに注意しながら下っていく。
背後の岩手山と犬倉山方面の山肌は秋の色に変わりつつある。
さらに登っていくと、山頂付近から周囲には、見事な紅葉が広が
っていた。まだ10時を過ぎたくらいなのに、あちこちで輪になっ
て弁当を広げているグループもあった。

P1040405


P1040408

 今日もスケッチブックを持参したが、人の出入りの邪魔をしそうで
絵どころではない気になり、先へ進む。低いナナカマドとかミネザ
クラだろうか、そんな灌木の中を歩く。シラタマノキを見つけた。前
方に見えるのは小畚岳だと思っていたが、1,448mのただのピ
ークだった。こんなところに登りがあったかと、ややしんどい。この
小ピークでも、更に小畚岳にも数人いてゆっくりする気になれなか
った。

P1040414
(↑三ツ石山を振り返る)

P1040422
(↑シラタマノキ)

P1040415
(↑こんな平坦な高原歩きは最高の気分)

 三ツ石山からここまできてしまったからには、Uターンするより、
大深岳、源太ケ岳経由で松川温泉まで周回しよう。

 小畚岳から鞍部への下りが終わろうという頃、前から来る人の顔
に見覚えが・・・向こうでも同じような目でこっちを見ている。近づい
て、呼びかけられた。その声で名が浮かんできたので、私も彼の名
を呼んだ。奇遇だった。向こうも一人だった。私とは逆コースを来た
らしい。山歩きを彼もするのだったか、となにかうれしくなる。

« 2015年8月16日 - 2015年8月22日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »