« 2017年5月14日 - 2017年5月20日 | トップページ | 2017年5月28日 - 2017年6月3日 »

2017年5月21日 - 2017年5月27日

2017年5月25日 (木)

エダマメ苗を植えた

 5月7日からポットで育てたエダマメが、順調に育ち、二葉くらいに
なり、ポットの大きさと比べても適期かと判断し、畑に移植することに
した。ポットは全部で42個。畑では幅広にした畝に30センチ間隔
で互い違いに2列とした。穴を掘り、水をやり、ポットから移植して
土を埋め戻し、苗の周りの土を上から手で押し付けてから再び水を
やった。
P1050961

P1050971

P1050972

 隣の畝の春大根はとうに芽を出している。心細いような芽だ
が、こういうものではないだろうか。昨年夏に大根を植えたこと
があったが、栽培記録をつけておけばよかった。もっと大きくな
ったら間引きするつもりだ。
 ジャガイモの方は、2列のうち、外側の一列が順調で、土から
ほっこり芽が顔を出し始めた。ところがもう一列の方は全く変化
がない。違いは何か。思い出してみると、一列目の方は、4月13
日に買って、何日も日に晒してきた種イモだった。二列目の方は
植え付け当日(5月14日)に買ったものだった。その違いは多分
芽の成長の違いではないか。二列目の方の芽がまだ小さかった
ようだ。両方とも、植え付けの前に、大きなつぶのものはナイフ
で二つに切って、断面を日に当てて少しでもと乾かした。ちょうど
乾燥した日だったので、ほんの少しは乾いてきた。これを植えた
のだった。いずれ数日で芽を出してくれるだろう。(5月23日)

P1050975

 昨日、エダマメを移植しようと畑に“出勤”。すると友人がすで
に、出勤し、機械で土起し作業を始めていた。彼が撒いたダイ
コンやごぼう、人参には、畝に水やりをしているのか尋ねたとこ
ろ、種まきの時にたっぷりやってしまえば、たいがい、そのまま
にしているのだという。水をやる習慣にしてしまえば、野菜がそ
ういうもんだと思って、水が不可欠のものになってしまう。そうい
われれば、農家の人たちが、広大な畑でいちいち水をやるには
大量の水が必要となる。間に合わないだろうから。それでも野
菜が育つなら、水やりをしない方がいいに決まっている。こっち
もその手で行こう。
 今日は夕方5時ころに、畑を見に行った。エダマメは順調。ジャ
ガイモの二列目の中にチョビッと芽を出しかけたものを2つ見つ
けた。もう数日待てばいいのではないか。それはそうと、友人の
畑のなかに鍬が倒れていた。几帳面な彼にしては珍しいのでは
ないか。急用でもあって、片付けるいとまもなく帰宅したのだろう
か。(5月24日)

« 2017年5月14日 - 2017年5月20日 | トップページ | 2017年5月28日 - 2017年6月3日 »